コラム「猫の手も借りたい」№208 ムギちゃんの新年

新しい年が明けました。
は~、色々あった昨年でしたが、今年もしばらくはありそうですよね……
私的にも色々あり、人生いくつになっても「しがらみ」はついて回るもんだとつくづく思う今日この頃ですが、一日一日を大事に過ごして行くしかないとも思います。
どうぞ、今年もお付き合いくださいませ。

さて、「黒ちゃん」の去勢手術が終了した。なんとか年内にと思っていたのが間に合った。
私を認識し、だいぶ慣れてきており、うちの玄関で給餌を待つようにまでなっていたが、手術をしてそろそろ10日、翌日からフードは貰いにきたものの、私がちょっとでも近づくと、遠巻きですぐに距離を取る。やれやれ。まあ、仕方ない、そのうち距離も埋まるであろう。

基本的に私のシマの、以前いた子たちはいなくなった、と書いたが実は、シマ三毛のムギちゃんが残っている。
ムギちゃんは元々、ネグラがどこだか分らず、少なくとも私のシマではないことはうすうす判ってはいた。
私が東京を留守にしている間は、時々こないこともあったらしく、給餌の友人は心配していたが、それには「黒ちゃん」が関係していた。
この黒ちゃん、去勢手術が済んでいなかったから、発情すると女の子たちを一所懸命に追いかけていた。女の子たちは、全部手術が済んでいたからいやがるいやがる(笑)。
でも、この付近には未手術の女の子はいないので、手術済みの子でも仕方なく追いかけるしかない。

くーちゃんがいなくなり、おまけにトラミちゃんも体調を崩し、女の子はムギちゃんだけに。
ムギちゃんは黒ちゃんに追われ、うちの周囲をうろつく黒ちゃんのために、うちにこれなくなったらしい。
特に、置きエサがなくなった黒ちゃんをなぜだか更に警戒し、ムギちゃんの姿が見えなくなり心配していた。

ある日の真昼間、私は散歩でとことこ歩いていた。ふと振り返ると、なんとムギちゃんが着いてきたではないか。
「あら、どこにいたの?」と近付くと、すぐ傍の路地に逃げ込んだ。
それは、うちからはわりと離れた場所で、こんなところにいるんだ、と驚いた。
それにしても、よく私を見つけたものだ。
ムギちゃんの居場所は判ったが、待っていてもこないのでこちらからフードを持って行ってみることにした。
ムギちゃんは、その路地の入口の道路脇で待っており、私が行くと走り出てきた。
なんて賢いこと、驚いちゃう。

その路地はよそのお宅の裏口で、さすがに気が引けた。
そのお宅の灯りが煌々と点いている間は避け、灯りが消えた夜の10時頃に給餌に行ってみると、まあ、食べる食べる、可哀想に。
私は給餌の場所を選んで、その道路脇の電柱の陰に、わざわざネコ避けの水入りペットボトルを集め身を隠せる場所を作り、そこに皿を置いてやった。

以前より痩せているから、うまく食べられていなかったんだろう。
でも、よかった、フードを運んでやれて。
この日から毎日、ムギちゃんの給餌に懐中電灯を片手に出かけるようになった。

2021年1月 くどいけいこ