この度、うちの周囲の地域ネコたちの給餌を、自宅にいるのに初めて休んだ。 いや、正確に言うと休まざるを得なかったのである。

先月の3連休最終日、近所の猫たちの術後のリリースに駆り出され、猫の入ったバランスの悪い捕獲器を持って移動している時に、あれ?という衝撃が「腰」にあり、少し経ってから、これは「ぎっくり腰」と気が付いた。
あら~困った、とリリース後の捕獲器の洗浄は休ませていただき、帰って寝ていたが痛い。 けっこうな痛みだ。

トイレも這いつくばって行ったりし、冷蔵保存していた「痛み止め」を飲んで様子を見ていた。
コルセットもし、それでも仕事はなんとかこなし、翌週の週明けには「お、このまま回復しそう」と良い兆しが見えていた。
おかしくなったのはその翌朝。

さて、通勤で10分ほどの駅まで歩いていたが、左足の太腿裏から脇の部分が痛い。
仕事場に着いた頃には「いた~!」って感じ。 ごくたまに同じ症状があり、それでも2-3日で解消されていたが、今度は酷くなるばかり。
業務で近所の銀行まで外出したが、もう痛みで道程半ばで壁に寄りかかったまま、立ち尽くす始末。
やっと辿り着いた銀行から職場に帰るのに必死、冷や汗で体は冷たいし、痛みで呼吸は浅くなるし。
これまた、やっとこさで帰り着き、その後は終業まで車椅子に座った。

自宅にも、同僚に付き添われタクシーで帰宅、2階のわが家へやっとの思いで担ぎ上げてもらって、玄関横のソファーに座ったものの、そこからが動けない。 そっと座ったり横たわっていれば痛みはないものの、起き上がるにも一苦労、立って歩くなんて、夢?のような話になってしまった。

もちろん、職場ではその日のうちに近所の整形外科を受診した。

道路の向かい側の、歩いたら3分ほどの場所なのだが、歩道橋か地下道を使わないと行かれないので、車椅子とタクシーを使うしかなく、タクシーで迂回しながらの受診となった。
レントゲンでは、多少腰椎が狭くなっている箇所がある、とのこと。
私は「痛い」と訴えているのに「大丈夫」とわけのわからん診断で帰って来てしまったため、痛み止めも効かず、いやー、痛い。

さあ、困った、私自身も日常生活が送れない程だから、地域ネコの給餌も無理。
仕方ないから、遠くの親族より近くの他人、ということで友人を頼んだら急いで来てくれ、私の食事+地域ネコたちの給餌も一手に引き受けてくれた。
しかし、まさかこんなことが突然起こるなんてゆめゆめ考えたことがなかった、といったらなんて浅はかな、ということになるだろう。

人間、生きている限り二足歩行が出来る、なんて簡単に考えるべきではないとは認識していたはずだった。
むろん、高熱でふらついていてもおなか痛くても給餌だけはしていたわけだから、まあ、今までは考えたことはなかった、というのが正しい。

その後は結局、大きい病院でMRIを撮り「腰椎ヘルニア」と診断され別の痛み止めが処方され、それを飲んだらとても楽になり、日常生活が送れるようになった。

はー、やれやれ。
しばらく重いものは持てないし、運動もNG。
ま、給餌出来れば問題はない。

2017年10月 くどいけいこ

 

Comments are closed.