tek

この時期、仔猫の里親さん探しの依頼が舞い込む。

保護主さんとよくよく相談し、その中で里親さんを探すか否かを決め踏み切るので、実際は全部が全部お引き受けする訳ではない。結局「うちの子にします」という保護主さんは多いからである。

私どもの会では、屋外にいる猫の里親さん探ししか承らないので、 まず、
屋外にいる仔猫(猫)を保護していただき、
その後、動物病院での健康診断、
それが終わると保護主さん宅で人と一緒に暮らせるか(要は「馴らし」ですね)、
そのお宅に猫ちゃんがいれば、その子たちと上手く暮らせるか、
離乳期であればフードの切り替え、ドライフードも上手く食べてくれるか、 トイレの失敗はないか、
など課題はいっぱいである。

仔猫ならば小さければ小さいほど、課題はすんなりクリアしてくれることが多い。 仔猫は適応能力にたけており、人にも猫にもあっという間に馴れる傾向にある。 もちろん、この段階で大きな疾病を抱えている子もマレにあるので、注意が必要である。

そうなった時、また元の屋外へ平気で戻せる人はいらっしゃらない。 やはり最初から考えて、行動を起こす必要があるように思うが、なかなかトッサの判断でそう簡単に白黒つけられるものでもない。

さて、ここまでクリアしていただいて、やっと里親さん探しが可能になり私たちスタッフは里親募集を始めるわけである。

里親さん探しは、すぐに始められる「里親さん探しサイト(インターネットを使った募集)」と、里親会を開いて実際に猫たちに会っていただく、という主に2通りがある。

ネットでの募集は、昨今のインターネットの普及に伴いますます利用が高まっている分野である。 誰でも投稿でき、里親さん探しが出来る。だが、全く面識のない方とのメールなどでのやりとりなので、慣れていないと意外と困窮することがある。お互いの認識が異なる場合も往々にして生じる。

里親会は、実際本猫(ほんにん)に会って様子を見、場合によっては「抱っこ」など、直接触れ合うことも出来、直接会のスタッフや保護主さんと話したり出来るので、やはり好評である。 里親会は、事前にネットなどで告知し、エントリー予定の猫ちゃんたちの写真、プロフィールを掲載する。 それを見てお目当ての猫ちゃんに会いに皆様がお運び下さり、猫たちを取り囲んで下さる。本当にありがたい。 会場で何匹かを見て、触れていただくうちに、当初の希望と違う猫ちゃんを選ばれる方も少なくない。そこも里親会の利点であろう。

一番申し訳ないのは、何名様かのご希望が1匹に集中することがある。これはネット募集でも同様で、当該の猫ちゃんが希望者様分いたらなあ、といつも思う。

熱心に希望して下さる方が大勢いらっしゃる中、ご希望に添えないこともあり、本当に申し訳ない。 里親さん探しは、保護主さんと私たちが一体となって猫たちの幸せを考え、また、地域から不幸な猫を1匹でも減らしたい、という願いから行っている。

もちろん、仔猫を産んでしまったお母さん「母猫」の避妊手術と里親さん探しはセットであり、必ず行う。

不幸な仔猫が産まれなくすることはもっとも大切である。

2015年6月 くどいけいこmachi_beret - コピー

 

Comments are closed.