また、子猫の時期がやってくる。
そうは言っても、ここのところ時期を問わず子猫が産まれている。

猫の出産は日照時間に関係しており、日照が14時間になると母猫は発情するということ。
だから基本的に日照時間が14時間になる「春」と「秋」に妊娠するわけであるが、昨今は犯罪防止や諸処の事情で夜も街灯が明るく、これも発情に少なからず影響しているようである。

さて、私もボランティア歴が長くなり、里親探しをした「猫」たちは多くを数える。
里親さんになってくださったみなさん、本当にありがとうございます。

里親さんにもうひとつ感謝していることがある。
私はこのコラムを書かせていただいているが、実は「猫の手」の写真をどうしようか、といつも頭を悩ませている。

タマがいた時には「困った時のタマ頼み」で、アップできる写真がない時は「タマの手」を使っていた。

実は私は「撮影」が嫌いで、自分で旅行に行った時もカメラ(古!)は持参しなかった。
でも、これって逆効果で、そうなると私が被写体になるという結果を生み、同行した友人から山ほどのスナップ写真を「はい!」っと手渡され、ひぇ~、と。

撮影が嫌い、だから必然的に写真がヘタくそ。

話を元に戻すが、そうは言っても「猫の手」は毎回アップすることに決めているので、ヘタだろうがなんだろうが、これはなんとかするしかない。
そこで猫たちの譲渡先、里親さんに頼んで、可愛がっていらっしゃる猫ちゃんたちの写真のご提供をお願いしており、お陰さまでたくさん送っていただいている。
コラムの写真をご覧いただくと判る通り、前足と後足、のみの掲載である。
題が「猫の手も借りたい」なので、「猫の手(まあ、実際は足ですね)」を文頭に使わせていただいている。
もちろん、ご提供いただいた写真は「全身」写真であることがほとんどで、それを「手」だけクローズアップしているわけである。

お願いしたみなさんは気持ちよくご提供くださり、実際に掲載しご連絡すると「嬉しい、うちの子の【猫の手】ですね」と言ってくださったりして、また話がはずむ。

ある里親さんから子猫ちゃんの写真をいただいた時のこと、いつもの通り「前足」をクローズアップして使わせていただきお知らせした。
その時の返信メールが揮っていたのでご紹介したい。

「最新コラム、拝見しました。
我が家の息子の 前足 もいよいよデビューの運びとなり嬉しいですわ~

この、前足の猫さんのお顔が見たい♡
なーんてパンストのCMか?」

思わず大笑いしてしまった。

みなさん、またぜひとも送ってください。
待ってます。

2018年3月 くどいけいこ

 

Comments are closed.